インターバル速歩と50肩

今年の7月頃から、50肩らしき症状で痛い思いをしています。

50肩の特徴として、痛いのは左右どちらか一方と言う事と、常に痛いわけではなく、何かをした時に痛むと言う事らしいです。
私の場合まさにその通りで、特にエプロンのひもを結ぶ時、涙が出そうに痛いのです。
痛み出した頃から、行きつけの医院で浸透性の軟膏と湿布薬を処方していただき、少しは楽な気はしますが、かれこれ4か月痛みは続いています。

一念奮起して超久々にインターバル速歩をしてみました。
速歩では、大きく腕を振るのですが、歩き始めた時は痛む方の左腕が「痛たたたた!」状態でしたが、歩いているうちに痛いながらもあまり苦にならないようになってきました。
終わってみたら、少しは痛みが楽になったような気がします。ひょったしたら、軽いリハビリになっているかも。
本当に長期間さぼっていましたが、何だか全身の血の巡りも良くなり、久々のスッキリ感。

実は、4日後の10月31日に常念岳に登ると決め、小屋に宿泊の予約をしました。
日頃何もしていないので、せめて登る前の3日間くらいはインターバル速歩をして備えようと思ったのでした。

これで50肩の痛みが治まれば一石二鳥です。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント