祝、常念小屋100周年

2019年10月31日
常念小屋に泊まりに行って来ました。157351835534820491148-thumbnail2[1].jpg

きっかけは何も知らずに友人と登った時、「90周年の記念です」と言って頂いた木の札でした。
表には「常念坊」の焼印。裏には「創立90周年記念1919-2009」と書かれたシールが貼られ、10558とマジックで番号が書いてありました。この番号の意味は何かな?と思いながら、冗談で「10年後の100周年も来なきゃね」と誰に言うとはなしに言ったのを覚えています。

幅4センチ弱、長さは8.5センチ弱の小さな木札ですが、以来、登山のお守り代わりに鈴と一緒にリュックに付けていました。

そして10年後の今年、普段はあまり運動もしていませんが、登りたくなりました。

本当は90周年に一緒に登った友人と登りたかったのですが日程が合わず、主人に付き合ってもらって、私にとっては最後のチャンスの10月31日にやっと実現しました。小屋の営業が11月3日までですので、仕事柄、本当に最後のチャンスでした。幸い、両日共雲ひとつない快晴で、この時期にしては温かい日でしたが、さすがに標高の高い所の日陰は凍っていたところもあり、ちょっと怖かったです。IMGP1852.JPG

常念小屋の食堂からは槍ヶ岳がきれいに見え、ビールで乾杯!IMGP1875.JPGビールの味も美味しく感じました。
翌11月1日も快晴でしたが、風が強く、うっすらですが雪がついていましたので、頂上を目指すのはやめました。
もともと、今回の登山の目的は「常念小屋に泊まって100周年の木札をもらうこと」でしたので、ま、良いかです。
この日は母の92回目の誕生日でもあり、下山の前に電波の届く乗っこしからお祝いの電話を入れ、喜ばれました。IMGP1870.JPG
なんとか無事に下山できましたが、2人共足腰の衰えを実感しました。

インターバル速歩を真面目に続けようとつくづく思いました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント