43年使用の圧力鍋、パッキン交換で快適!

2020年4月15日

43年前に購入の圧力鍋。20代だった当時、9800円でかなり思い切って買いました。セブのアルミニューム製4.5L。我が家の圧力鍋第1号です。一度くらいパッキンを交換した覚えがありますが、少なくとも20年くらいはそのままでした。少し前から圧がかかった時にピューッと変な音がして、蓋の隙間から圧が漏れているような感じ。それでもだましだまし使っていました。他にもサイズの違う圧力鍋があるので、ま、いいかとそのままにしていましたが、ついに耐えられなくなり、発売元のセブジャパンに電話連絡。部品はもうないかと心配しましたが、有るとのことで一安心。たかがパッキン1本で代引き手数料込み2000円強で少し躊躇しましたが、発注。ほどなく届き、さっそく交換しました。

パッキンだけまっさらで真っ白。早速大好きなお肉の煮込み料理をしました。もうあの嫌な音はしません。シュルシュルとかかっている圧を逃がす音。しばらく忘れていた、圧力鍋のしっかり働いている音です。

変えてよかった。また快適に圧力鍋料理が楽しめます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント