お茶の栽培、失敗の巻と挿し木の成功

2021年9月3日

去年の8株に続き、今年は10株購入して植えました。

去年のは8株中4株しか残りませんでした。

長野県でお茶の栽培は厳しいようですが、何とか成功させて少しでも自家製のお茶を飲んでみたいと思っています。できれば紅茶も作りたいのです。

今年は去年よりはしっかりと水やりをしたおかげで、10株中6株何とか残ったと思っていたのですが、夏の猛暑のせいか、ちょっと油断している間にはっと気が付いたら1株しか残っていませんでした。

後悔しても後の祭りです。

それでも、去年植えた苗からちょっと根元が木質化した新芽を取り、6月下旬に挿し木をしておいたら、4株発根しているのを確認して、ポットに移植しました。

お茶の挿し木は私にとっては難しく、25本挿したうちのたった4株です。それでもとっても嬉しいです。
無事に冬が越せるかが今後の課題ですが、何とか春まで持ちこたえたいです。

我が家のお茶の品種は、去年はヤブキタチャ、オクハルカ。今年はベニフウキです。
挿し木に成功したのはオクハルカ。「オク」の付く品種は寒さに強いそうなので期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント