シャトー レオヴィル ポアフェレ 1997 

 先日、親しい友人一家と食事の際、シャトー レオヴィル ポアフェレ 1997を飲みました。 20年前(正確には19年と少しですね)のワインですから、デカンティングをしました。 栓を抜いたと同時に芳醇な香りがふわっと漂い、期待感がわいてきました。 しっかりとしたタンニンと、ほどほどの酸味もきいており、力強さも感じられまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっとズボラな省エネ生芋コンニャク作り

 この冬、すっかりはまってしまった生芋コンニャク作りです。 もっと簡単な作り方はないのかなと思い、去年ネットからプリントアウトしたレシピの中から、省エネでお手軽な方法を見つけました。 コンニャク芋をミキサーにかけた後、火にかけないでそのまま練ってしまう方法です。 噓でしょう?と思いましたが、これをもっと簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子に生ハム作り指導

2017年1月11日 昨年末から仕込んで熟成中だった生ハムが、仕上がり、お出しできるようになりました。 生ハム作りは、約1週間かけた一連の燻製作業が終わった後、ピチットシートと言われる脱水シートにくるみ、ほぼ毎日、重さを計って水分の減り具合を記録し、燻製終了後の1割以上水分が無くなったら完成です。塩漬けを始めてから約1カ月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生姜ココアでダイエット?

2017年1月9日 本当に生姜ココアを毎日飲むだけで痩せられたらうれしいなと思い、試してみたいと思います。 実は、昨年末から生の生姜と純ココアを使って何度か生姜ココアを作って飲んでいたのですが、やはりその都度生の生姜を下ろしたり刻んだりするのが面倒で、毎日と言うわけにはいきませんでした。 生姜をいつでも手軽にサッと使え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブで乾燥生姜作り

2017年1月8日 薪ストーブの脚下を使って乾燥生姜を作りました。 今はやりの生姜ココアに使う目的です。 乾燥生姜は、漢方では生のまま乾燥させたものは「生姜」と言い、蒸してから乾燥させたものを「乾姜」と言うそうです。 体を温める効果は、乾姜の方が強いそうなので、薄く切った生姜を蒸してからバットに広げて並べ、薪ストーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日にサンサンワイナリーさんのメルロー

2016年大晦日から2017年年明けにかけ、先日届いたサンサンワイナリーさんのメルローライトバレル2015を抜きました。 例年、元旦にお出ししていますお雑煮に使う若水を汲むため、一人起きていました。1年間頑張った自分へのご褒美に、届いたばかりのワインのテースティングを口実に、ちょっとお気に入りの飲み方です。パルミジャーノの塊を専用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貝殻焼成カルシウムを使って生芋コンニャク作り

2016年12月7日に講習を受けてから、すっかりはまってしまった生芋からのコンニャク作りです。 同じ作るなら、凝固剤も安心して使える物をと思い、ホタテ貝殻から作られた貝殻焼成カルシウムを使うことにしました。 使用量は、生芋500gに対して4グラムと言うことですので、先日ストックしておいたコンニャク芋のサイコロ切り200gに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとズボラな生芋コンニャク作り

2016年12月12日 12月7日に講習を受けてきた、生芋コンニャク作りを忘れないうちに、自分で一から作ってみました。 まず今年家で採れた生芋です。 知人からコンニャク芋をいただき、教わった通りに植えておいたものです。1個がほぼ1キロあります。 元の、いただいたお芋よりも小さくなってしまった気がしますが、周りに小さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生芋からのコンニャク作り講習

2016年12月7日 長野県安曇野市明科にある、農産物加工交流広場「えべや」で行われた、生芋からのコンニャク作りの講習に参加してきました。 ちょうど1年前、知人からコンニャク芋をいただき、インターネットで調べて何とか作りましたが、満足のいく出来ではなかったので、どうしたらうまくできるのかと思っていた矢先でした。 講師はここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燻製づくり本番!

師走に入り、冷え込みも厳しくなってきました。 今年も多くのお客様に味わっていただき、ほぼ完売状態になりました。 スモークサーモン、生ハムはコールドプロセスと言って、冷たい状態でスモークしますので、寒さが厳しいこの季節が仕込みのシーズンです。 来年も多くのお客様に味わっていただきたいです。 まずはスモークサーモンか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンサンワイナリーさん「感謝の碑」除幕式

2016年11月29日 サンサンワイナリーで、亡きアシスタントマネージャーの石田 芳江さんの功績をたたえ建立された「感謝の碑」の除幕式に出席させていただきました。 除幕は、ワイナリー理事長杢野さん、ゼネラルマネージャーの戸川英夫さんと、石田さんのご親族で行われました。 感謝の碑は、ぶどう畑を見渡せる場所で、6年前からワイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉物野菜のオニハソト撒き

2016年7月11日から、息子の希望でランチ営業を始めました。 手打ちパスタとピザの店です。 パスタは主に息子で、ピザは私です。 石窯もありません。ペンションで使っているガスのコンベクションオーブンです。どこで修業したわけでもなく、昔から家で作っていた、「我が家のピザ」を少し改良したものです。パスタも手捏ねなので、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンニクの発芽

2016年10月20日 15日に植えたニンニクが発芽しました。 植えてからたった5日でもう7割ほど発芽しています。 去年は3種類ほど」の品種を植えましたが、今年植えた品種は中国産の種球を今年収穫したものの中から、大きめのを選んで種球にとっておいたもので60球ありました。ハーヴェスト産の種球です。 他の2種類に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりパイは紅玉!

2016年10月 7日 先日作り置いた、フリングを利用してアップルパイを焼きました。 やっぱりリンゴの持つ、自然な酸味がたまりません。「美味しい、美味しい」と、自画自賛しながら食べました。 当分楽しめそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家菜園でメルローとシラーの収穫

順番は前後しますが、2016年9月22日、メルローとシラーを収穫しました。 この2種類の収穫にはちょっと早いのですが、糖度が17度になっていましたので、収穫することにしました。 左側のかごに入ったのがシラーで、約2キロありました。右側のメルローは、10キロ弱ありました。 デザートと、お肉料理のソースに使いたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅玉入手

2016年9月26日 今年も紅玉リンゴが確保できました。 今年から、今は松本市になった旧梓川村産のリンゴを分けていただけるようになりました。 去年までの産地より、少し早く届きました。 待ってましたとばかり、剥いて食べました。採りたての新鮮なパリパリ感とさわやかな酸味が口に拡がります。やっぱりこの酸味がたまりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑の衣替え

2016年9月3日 キュウリを植えてあった場所と、ズッキーニを植えてあった場所のつる上げをしました。 いつもこの作業をするとき、まだ数日置いておけば成りそうな実まで一緒に整理しなければならないのが、かわいそうな気がして、ちょっとためらいながらも、エイッとばかり思い切りが必要です。 思い切った後はスッキリ。 次の秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

支柱不要のトマト栽培実験、大失敗!

2016年8月29日 楽をしてトマトが栽培出来たらいいなと思い、種の袋に書いてある「支柱不要」にほのかな期待を寄せて、半信半疑ながらサンマルツィアーノ、リオグランデ、サンピエール、マルマンドの4種類をそれぞれ支柱をしたものとしないものをほぼ半分ずつ育ててみました。 結果はやはり支柱をしたほうがいいという結論に達しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプリカの収穫

2016年8月10日 パプリカの早生品種、フルーピーレッドとイエローが色づいてきたので収穫しました。 やや小ぶりですが、自家菜園でこの時期にこんなに色づいたパプリカが採れたのは初めてなので、嬉しいです。 早速ピクルスにしてお客様にお出ししています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種からのトマト栽培 その4 収穫

2016年7月31日  種から育てたトマトが赤くなり始めました。写真は、固定品種のポンテローザです。 8月10日 購入した苗のものに加えて種から育てたものが次々と色づき、うれしい悲鳴です。 こんなに採れても、イタリアン品種のミニトマトのボルゲーゼはドライトマトにし、大玉品種は連日、トマトサラダやピザに使うので困る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more