テーマ:ハーブ

バジルの室内栽培

2018年4月15日 1月25日に室内で種を蒔き、2月5日に発芽したバジルです。 ポットで結構大きくなってきましたので、ミニプランターに移して栽培していました。 4月に入り、結構大きくなってきましたので、間引きもかねて何度か摘んで料理に使いました。 香はやはり「温室育ち」と言いますか、控えめですが、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種蒔きおばさんをしました

2018年5月18日 今日はいろんな野菜の種蒔きをしました。 まずはズッキーニ。 例年、ゴールデンウイーク明けに待ってましたとばかり蒔いていたのですが、たまたま蒔けなくて18日になってしまった年、いつになく出来が良かったので、それ以来ズッキーニの種蒔きは5月18日に決めています。 実が成り始めるのが、大体6月末く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室内でバジルの発芽

2018年2月5日 1月25日に室内でポットに種まきをしていたバジルが発芽しました。 昨年秋に、自家採種しておいた種です。 例年は、ゴールデンウイーク明けに路地で種まきをしていましたので、うまく育つかどうかわかりませんが、少しでも早く生のバジルを料理に使えたらうれしいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製バジルペーストの変色防止

2017年9月10日 今年も自家菜園に沢山バジルを植えました。 葉っぱのきれいな今のうちに、沢山作ってストックします。 とにかく摘み取って葉っぱだけにし、ざっと洗っておいたバジルの葉は、約800グラムありました。 市販のバジルペーストは青々して色がきれいですが、我が家で作るバジルペーストは、全くの無添加は良いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家栽培 ディルの収穫

2017年6月5日 自家菜園で、ディルを収穫しました。 早速、軸を除いて、オリーブオイルとニンニクを使い、ディルソースを沢山作りました。 このソースは、魚料理やランチのピザなどふんだんに使えます。 やはり作り立てのソースは色も香りも良いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の土いじり

2016年1月16日 昼間は快晴でポカポカ陽気でした。 土いじりと言うほどのものではありませんが、昨日買って来たシクラメンとプリムラジュリアンの苗を食堂の出窓に飾りたいので、ポットから鉢に植え替えをしました。 ついでにミニプランターに、畑に植えてあったハーブのチャイブと、タイム、ビニールトンネルの下から春菊の新芽、根付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製トマトケチャップ

この夏、ミートローフに自家製トマトケチャップをお付けしましたらお客様に好評でしたので、作りやすい分量をアップさせていただきます。約500gのマヨネーズビン1本分です。 材料:トマト缶(ホールでもいいですが私はカットトマトを使います)1缶(400g)、玉ネギみじん切り200g(中玉1個)、砂糖小さじ1強、塩小さじ1、黒粒胡椒10粒、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の自家菜園の様子 2012/6/23

例年通り、自家菜園にはいろんなものを植えています。 今のところ順調に育っています。 アカフサスグリは色づいてきました。 ズッキーニは一番花が咲きました。 ナスは一番果が少し大きくなってきました。まだ小さいですが、後の成長の為にこの辺で収穫します。 4月に種から蒔いたイタリアントマトは花が咲いてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製生ハムを仕込みました

今年も生ハムを仕込みました。例年は、いつも仕入れているお肉屋さんで取り扱いの青森産豚ロース肉だったのですが、今年からそこでは信州産を取り扱うようになりました。今までも本当は信州産の物を使いたかったので、好都合です。 詳しい作り方は、前出の記事をご覧になってください。 簡単な流れを書きますと、きれいに掃除した豚ブロック肉を用意…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ディルのソース作り

 ハーヴェストの自家菜園には、雑草のごとくあちこちにディルが生えています。以前はちゃんと種を蒔いて育てていたのですが、あるとき、私がちゃんと育てたものよりこぼれ種で勝手に生えてきたものの方がよほど丈夫で葉っぱもきれいなのに気づき、それ以来ディルは自然に任せる事にしました。 毎年春秋2回、畑中の好き勝手な所からいっぱい生えてきますの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安曇野の春の便り

東京では葉桜の便りが聞かれるきょうこの頃、ハーヴェストの小梅がやっと満開になりました。 中梅はまだ蕾も見られます。安曇野もやっと春めいてきました。これからは遅れを取り戻すかのように、目まぐるしく一気に季節が進み、日々変った表情を見せてくれます。ハーヴェストhttp://www.harvest.to/の自家菜園も動き始めました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キュウリのディルピクルス2種類

今年もキュウリが採れる季節になってきました。畑のあちこちでこぼれ種で生えているディルと併せてピクルスを作ります。ハーヴェストでは、お酢の配合を変えて2種類のピクルスを作ります。 1つは冷蔵保存用のちょっと酸っぱめ。もう一つは瓶詰め用のあまり酸っぱくないものです。どちらも自家菜園で採れたキュウリを使います。冷蔵保存用は、採りたてのキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製生ハム作り その1 ソミュール液への漬け込みまで

ハーヴェストの生ハム作りは今井 克宏さんの「燻製 料理と技法」を参考にしています。ただ、本には燻製器内の温度は28℃-30℃と書いてありますが、私はスモークサーモン同様、10℃以下を保つようにしているため、仕込み時期は例年、厳寒のこの時期になります。お正月が明け、寒さが本格化してきますと、もうソワソワ。生ハム作りにちょうどいい、ちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーズの簡単おつまみ クリームチーズのお醤油味ペースト生大根カナッペ

先日のテレビ出演の際、考え付いたおつまみです。クリームチーズにお醤油をちょっとたらして,練り込んでペースト状にします。これを薄く切っていちょう切りにした大根に乗せますと、以外にいけるおつまみになります。生の大根のパリパリ感と、クリームチーズのクリーミーさ、ちょっと酸っぱい爽やかさ、和風を思わせるお醤油の風味、などが不思議に調和します。ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青トマトのピクルスとバジルペースト

今年初めて種から栽培したイタリアンミニトマトのボルゲーゼもそろそろ終わりです。 抜き取って、秋、冬野菜を植える準備をする時期になりました。 トマトは日照りに強く、他の夏野菜が枯れそうになっていても元気でしたが、お盆明け以降の雨でほとんどの実がはじけてしまいました。しばらくあまり収穫することが出来ませんでしたので抜いてしまおうとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーヴェストのポテトグラタンとワイン

ハーヴェストのメニューの一つに、大好きなジャガイモを使ったポテトグラタンがあります。品種はメークイーンを使います。ハーヴェストの自家菜園で採れる量ではとても足りませんので、近所に住む農家で、友人の邦ちゃんにお願いして届けてもらっています。 この邦ちゃんのメークイーンが、ハーヴェストのポテトグラタンにとてもよく合っています。始めは気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白身魚の料理とフレッシュハーブとスペイン産白ワイン

前出の白身魚と生トマトを使ったソースの料理に、生のタイムを合わせてみました。これもまた相性バッチリでした。 以前、ハーブを栽培し始めたばかりの頃、煮込み料理にタイムを入れて、香が強すぎたイメージが強く、以来あまり料理にはタイムを使わないようになっていましたが、ほんの香付けにタイムを使ってみましたところ、ディルとはまた違った香で同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製ドライトマトとバジルペーストのパスタ

この夏覚えた、イタリアンミニトマトで作る自家製ドライトマトがおいしくて、うれしくて仕方ありません。このドライトマトのおいしさが活きる料理を考え、レパートリーを増やしたいと思っています。 パスタもいいと思い、作ってみました。パスタはペンネを使いました。。 フライパンにオリーブ油を加え、熱して自家製ドライトマトを加え、温まったところ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イタリアントマト、クオーレ ディ ブエを使った料理 その1

初めて手にしたイタリアントマト、クオーレ ディ ブエは、まず生で食べてみました。甘くてすっぱい濃い味を連想していましたが、以外に淡白でした。でも水分が少なくて、トマトバジルサラダはオニオンドレッシングとバジルの香がクオーレ ディ ブエとしっかり絡み合い、混ぜているうちに少し果肉がトロッととろけたうよになって、今まで他のトマトで作っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアントマト Cuore di bue(クオーレ ディ ブエ)

今年の春、偶然種を入手して育てたイタリアのトマト、クオーレ ディ ブエが先日から赤くなり始めました。「牡牛の心臓」と言う意味の品種だそうです。種の発売元の資料によりますと、イタリアでは古くから親しまれている品種ですが、希少なものだそうです。 早速大好きなトマトバジルサラダを作りました。今まで作っていたものとは違い、あまり水分も出ず、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイカのシャーベット

続けてワインとほとんど関係ない話題で恐縮ですが・・・・・・ 梅雨が明け、スイカのおいしい季節になりました。つやつやした大きなスイカでシャーベットを作りました。作り方は簡単なのですが、スイカが大きいので切るときは刃渡りの長い牛刀を使って切りました。1/8くらいにに切った後、適当な大きさに切って種を取り除き、ミキサーに入れてお砂糖をちょっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出来たー!彩子の簡単ビシソワーズ

 夏は冷たいスープもおいしいのですが、ペンションを始める前に、あるシェフから「日本では冷たいスープはお客さんに好まれません。」と聞いたのがトラウマのようになり、ガスパッチョ以外の冷たいスープは作ったことがありませんでした。ところが先日、松本のレストラン バルボアhttp://www.mcci.or.jp/www/balboa/のランチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家菜園のラズベリーを使ったデザート

ハーヴェストの自家菜園のラズベリーが最盛期を迎えました。今日はこれだけ一度に取れました。今まではとにかくジャムにして保存し、アイスクリームやヨーグルトにかけたり、シャーベットにしたりするくらいでした。せっかく毎日穫れるラズベリーを生のまま使ったデザートは出来ないものかと考えた末、ケーキに入れて焼いてみました。バターケーキの生地に生のまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイブ(セルフィーユ)のオムレツ

 ここ安曇野では、チャイブの花が咲き始めました。かわいい赤紫色の花です。でもハーブは花が咲き始めますと葉や茎は硬くなりますし、香も悪くなってきますので、以前は涙をのんで次々に咲いた花を摘んでは捨てていました。でも、数年前から良い利用法を見つけました。この花を食べてしまうのです。そして思い切ってバッサリ、根本から茎ごと刈り取って、刻んでオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトバジルサラダ

 急に汗ばむ陽気になってきました。この陽気と、おいしそうなトマトにつられてつい買ってしまいました。今シーズン初のトマトバジルサラダす。作り方は、とっても簡単。前出の「超簡単オニオンドレッシング」を適当にボールに入れてこの中にバジルの葉を刻んで入れ、粒胡椒をすって振りいれ、洗って芯をとったトマトを好きな大きさに刻んで入れるだけです。オニオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more