新玉ねぎの収穫

2017年6月18日 同じ安曇野市穂高有明の農家さんに、新玉ねぎの収穫をお手伝いに行きました。 待ってました! 無農薬有機栽培の玉ねぎです。 私が着いた時にはすでに掘り上げて、茎も切り取り、きれいに並べてありました。 畑の玉ねぎは大小さまざま。 これを拾い集め、大きさ別に仕分けしていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家栽培 ディルの収穫

2017年6月5日 自家菜園で、ディルを収穫しました。 早速、軸を除いて、オリーブオイルとニンニクを使い、ディルソースを沢山作りました。 このソースは、魚料理やランチのピザなどふんだんに使えます。 やはり作り立てのソースは色も香りも良いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡易トンネルでのトマトの種まき失敗の巻!

2017年5月8日 4月7日にロックウールに種まきしたトマトはしっかり本葉が出てきました。根もしっかり伸び、そろそろ屋外でも大丈夫かと思われますので、ポリポットに移植しました。 品種は、ミニトマトのボルゲーゼ、サンピエール、ポンテローザ、サンマルツィアーノ、世界一、麗夏です。 同じ4月7日に廃物を利用して作った簡易トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡易トンネルでのトマトの種まき失敗か?

2017年4月25日 1日でも早くトマトを食べたい一心で、屋外に廃物を利用して簡易トンネルを作り、4月7日に種まきをしましたが、どうやらこの試みは失敗に終わったようです。 同じ日に室内でロックウールに種まきをしたものは、4月19日現在、8割ほど発芽していきました。屋外の物は1本も発芽が認められません。 種まきをした4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴと山椒の接ぎ木

2017年4月9日 リンゴと山椒の接ぎ木をしました。 リンゴは2011年にアルプス乙女の根元から紅玉を接いでおいたものです。接いだ当時の写真です。これに、知人からいただいたグラニースミスの穂木を接ぎました。今回は接いでから6年経ち、木が結構大きくなっていたので、根元からでなく、上の方で3カ所接ぎました。 それとは別に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉物野菜発芽!

2017年4月14日 7日に蒔いておいたサラダミックスと菜っ葉類が発芽しました。 同じ育苗箱2つに、「ポット用種蒔き培土」と、「花と野菜の土」を入れて発芽の違いを比べてみました。 こちらが、「ポット用種蒔き培土」です。 現時点では、「花と野菜の土」よりもたくさん芽が出ているように思われます。 72穴ポットに半分ずつそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃物利用の簡易トンネルでトマトの種蒔き

2017年4月7日 トマトの種蒔きをしました。 前記のレタスや菜っ葉類は寒さに強いので、露地で十分ですが、トマトは寒さに弱いので、なかなか発芽せず、せっかく発芽しても寒さでやられてしまったこともありましたので、ここ最近は4月20日以降に室内でロックウールに種を蒔き、少し大きくなってからポットに移植して苗を育てる方法をとってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017年野菜種蒔開始!

2017年4月7日 今年の野菜の種蒔きを始めました。 例年のことながら、まだ畑は用意できていませんので、育苗箱とポットに植えました。 蒔いたのは、サラダミックス(5種類ほどのレタスの種がミックスされています)、ワサビ菜、ルッコラ、水菜、イタリアンパセリです。どれも寒さに強いものばかりです。 用土は、買って来たもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生け垣の剪定をしました

2017年4月7日 今日はとても暖かい日でした。 以前から伸びすぎて気になっていた、建物の東側の生け垣を剪定しました。 少し切り始め、カメラに収めておこうと、慌ててシャッターを切りました。 幹が結構太くなっていて、手鋸で切るにはとても大変なので、息子にチェンソーであらかた切り落としてもらい、後で手鋸で修正しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も手前みそ、仕込みました

 例年より少し遅めにはなりましたが、今年もお味噌を仕込みました。  大豆4.5キロ分です。これに糀を4.5キロ使います。 例年は、糀も全部自分で仕込むのですが、今年は去年から残っていた麹菌を使ってお米を1升分だけ作り、後の3キロは、近くの「VIF穂高」で買ってきました。 VIF穂高ではかなり大量でない限り、いつ行っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の生ハムデビュー作完成!

2017年2月20日 1月中旬から仕込み始めた生ハムが完成し、無事にパック詰めまで出来ました。 つきっきりで教えたとは言え、私は一切手を出さず、口だけ出して始めの肉の成型から全部息子の手でさせました。 出来上がった生ハムは手切りでスライスし、真空パックするのですが、刃渡りの長い包丁をしっかりと研いで、神経を集中しないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンサンワイナリー シャルドネ シュールリー 2015、比較テースティング

 2016年秋、サンサンワイナリーさん初仕込みのシャルドネシュールリー2015がリリースされました。 自社畑で丁寧に収穫されたブドウは、糖度22度を超す健全な果実のみが選果され、10℃~12℃の低温発酵で、澱とワインを接触させるシュールリー方式で熟成されたワインは、複雑な味わいです。 標高約850mで栽培されているせいか、キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャトー レオヴィル ポアフェレ 1997 

 先日、親しい友人一家と食事の際、シャトー レオヴィル ポアフェレ 1997を飲みました。 20年前(正確には19年と少しですね)のワインですから、デカンティングをしました。 栓を抜いたと同時に芳醇な香りがふわっと漂い、期待感がわいてきました。 しっかりとしたタンニンと、ほどほどの酸味もきいており、力強さも感じられまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっとズボラな省エネ生芋コンニャク作り

 この冬、すっかりはまってしまった生芋コンニャク作りです。 もっと簡単な作り方はないのかなと思い、去年ネットからプリントアウトしたレシピの中から、省エネでお手軽な方法を見つけました。 コンニャク芋をミキサーにかけた後、火にかけないでそのまま練ってしまう方法です。 噓でしょう?と思いましたが、これをもっと簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子に生ハム作り指導

2017年1月11日 昨年末から仕込んで熟成中だった生ハムが、仕上がり、お出しできるようになりました。 生ハム作りは、約1週間かけた一連の燻製作業が終わった後、ピチットシートと言われる脱水シートにくるみ、ほぼ毎日、重さを計って水分の減り具合を記録し、燻製終了後の1割以上水分が無くなったら完成です。塩漬けを始めてから約1カ月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生姜ココアでダイエット?

2017年1月9日 本当に生姜ココアを毎日飲むだけで痩せられたらうれしいなと思い、試してみたいと思います。 実は、昨年末から生の生姜と純ココアを使って何度か生姜ココアを作って飲んでいたのですが、やはりその都度生の生姜を下ろしたり刻んだりするのが面倒で、毎日と言うわけにはいきませんでした。 生姜をいつでも手軽にサッと使え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪ストーブで乾燥生姜作り

2017年1月8日 薪ストーブの脚下を使って乾燥生姜を作りました。 今はやりの生姜ココアに使う目的です。 乾燥生姜は、漢方では生のまま乾燥させたものは「生姜」と言い、蒸してから乾燥させたものを「乾姜」と言うそうです。 体を温める効果は、乾姜の方が強いそうなので、薄く切った生姜を蒸してからバットに広げて並べ、薪ストーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日にサンサンワイナリーさんのメルロー

2016年大晦日から2017年年明けにかけ、先日届いたサンサンワイナリーさんのメルローライトバレル2015を抜きました。 例年、元旦にお出ししていますお雑煮に使う若水を汲むため、一人起きていました。1年間頑張った自分へのご褒美に、届いたばかりのワインのテースティングを口実に、ちょっとお気に入りの飲み方です。パルミジャーノの塊を専用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貝殻焼成カルシウムを使って生芋コンニャク作り

2016年12月7日に講習を受けてから、すっかりはまってしまった生芋からのコンニャク作りです。 同じ作るなら、凝固剤も安心して使える物をと思い、ホタテ貝殻から作られた貝殻焼成カルシウムを使うことにしました。 使用量は、生芋500gに対して4グラムと言うことですので、先日ストックしておいたコンニャク芋のサイコロ切り200gに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more